名刺について

商売道具の名刺を忘れないための対策

取引先やお客様の自宅へ訪問した際には、ビジネスマナーとして名刺を渡しますが、これを忘れて印象を悪くしてしまったというケースがあります。
会社での営業活動を行ううえで自分の顔となる大切な商売道具ですが、これを忘れないためには日頃から対策を取っておく必要があります。
一つ目の対策としては、外に訪問するバッグの中に名刺入れを入れておくという方法です。
常に入れておく場所を決めていれば出掛けに心配する必要もなくなります。
二つ目の対策は、翌日着ていくスーツのポケットの中に前日に名刺入れを入れておくという方法です。
この方法のメリットは前日にスーツやかばん、靴の手入れなど、翌日の事前準備も一緒にでき、翌日の朝急いで準備しなくても安心して出社ができるという点です。
この他にも、名刺入れを会社の机の上で目の届く決まった場所へ置いておくなどの対策があります。
訪問先で第一印象を悪くしないためにも、自分なりのルールを決めて必ず持ち歩くようにしましょう。

Copyright(c) 名刺 All Rights Reserved.